menu

前立腺がんの医療機関検診について

前立腺がんの検査の種類としては、診察、血液検査、超音波検査、MRI検査、組織検査、画像検査があります。

患者さまが検査を受ける理由で最も多いのはPSAの高値であり、50歳以上の男性は腫瘍マーカーや直腸診といった検診を受けられることをお勧めします。検診によって早期に前立腺癌を発見できる可能性が高くなるからです。また血縁者に前立腺癌の人がいる場合は2倍以上前立腺癌にかかりやすいといわれていますので、40歳ぐらいから検診を受けられることをお勧めします。

診察

前立腺は骨盤の一番深い場所にあるため、体の表面から触ることは出来ません。直腸の前面に接していることを利用して肛門から指を入れて診察を行います。これを直腸診といいます。

癌が小さくて限局していたり、前立腺の中のほうにあると直腸診では診断がつかないことがあります。

血液検査

血液の中の前立腺特異抗原(PSA)を測定することで前立腺癌の可能性が高いかどうかを調べることが出来ます。このような癌の指標となるものを腫瘍マーカーといいます。

前立腺特異抗原(PSA)

PSAは前立腺で産生される蛋白質で、前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺癌があると血中の濃度が高くなります。一般に4ng/ml未満が正常ですが、4 ng/ml以上でも癌のない人もいれば、正常値でも癌があることもあります。PSAが10ng/ml以上だと、50%以上の確率で前立腺癌の可能性があるといわれています。前立腺癌がある場合は、癌が進行するとともにPSAは高値を示します。PSAの測定が一般的に行われるようになってから、早期に癌が発見されるようになってきています。

超音波検査(エコー)

前立腺は体の表面からでは十分観察できないため、直腸診と同様に肛門から専用の機械を入れて行います(経直腸的超音波検査)。指とほぼ同じ太さの機械で、この機械は音波を用いて前立腺を観察することが出来ます。

前立腺に癌が出来ていると正常とは違った像が見られることが多く、癌が広がってくるとより判りやすくなります。

画像検査

癌であると診断がついた場合、病巣の広がりや転移を調べるためにCT・単純X線検査・骨シンチグラムなどを行います。これらの検査によって癌の進行度(病期)を決定します。

前立腺MRI検査

近年のMRIの進歩は著しく、前立腺癌を検出する能力が非常に高くなってきています。もともと骨盤内の臓器の検査には用いられることの多い検査でしたが、近年においては前立腺癌の診断において非常に有用な検査です。

MRIの結果だけでは癌かどうかの診断はつきませんが、組織検査をおこなった方がよいかどうか判断する材料となり得ます。しかし、強い磁場のなかで受ける検査になりますので、体内に金属が入っている方はその材質により注意が必要です。

前立腺がん検診の受診について

当院では、定期検診、精密検査を含む前立腺がんの検診を行っております。検診ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。

当院は、つくば市の健(検)診の協力医療機関に指定されております。つくば市内にお住まいの方で対象となる方は、事前に当院へお問い合わせ、ご予約のうえ、つくば市発行の「受診券」と保険証をお持ちください。

つくば市の医療機関検診について詳しくは、つくば市HP内の「つくば市医療機関検診」ページをご参照ください。

また、前立腺がん検診の異常所見を認める場合、当院で精密検査が可能となっております。他の医療機関で前立腺がんの再検査を指示された方など、精密検査ご希望の方は当院までお気軽にご相談ください。